カビは、アレルギーや病気の原因、さらにはダニの餌になることもあり、健康を害してしまう原因としては知られています。カビが生えるところとして、キッチンや浴室、洗面所などの水回りは目に見えやすいため、発見しやすいですよね。でも、カビはクローゼットや押し入れなど、普段、あまり見ないところ、見えにくいところで繁殖しているケースもあります。気付いたら、カビに囲まれて生活していたと言う事にならないためにも、効率的なカビ対策のコツを紹介していきます。まず、和室の畳やカーペットなどを持ちあげて、カビの臭いがしないか確認してみてください。ぱっと見た感じでは異常がなくても、裏側がカビだらけになっていることも多いものです。それに、押し入れの中の臭いもよく確認してみましょう。カビ(世界初の抗生物質であるペニシリンはカビから抽出されたそうです)くさい臭いがしありませんか?畳や押し入れのカビは、床下からの湿気対策が行われていありませんからに生えてしまうのです。特に、押し入れの床板は他の部分と比べて薄く、湿気の影響を受けやすいとされています。カビ(梅雨の時期には特に注意が必要ですね)の臭いを感じたら、床下換気扇の取り付けや乾燥剤の使用でカビ(鰹節や味噌、醤油、日本酒などにはカビが用いられています)対策を実行して下さいね。さらに気をつけたい場所が和室です。和室は、あまりつかっていない家庭も多く、カビの生えやすい部屋になってしまっています。普段利用しいないからといって、和室で部屋干しをするのは避けましょう。洗濯物の湿気で、余計に部屋の湿度を上げてしまい、カビの温床となりかねません。それから、クローゼットなどの収納場所も、湿気がたまりやすくカビの温床になる場合もあるそうです。収納する際に扉を締めきってしまい、空気の流れを悪くしてしまうことが要因と言われています。また、洋服を詰め込みすぎると通気性が悪くなり、湿気がこもりやすくなってしまうでしょう。収納ケースやクローゼットでは、八分目くらいの収納を目安にしましょうー